大会テーマ

進化を続ける抗HIV薬 〜Prevention, Treatment, and Beyond〜

第34回日本エイズ学会学術集会・総会 閉会のご挨拶

2020年11月27日から、約1か月間にわたりWeb開催させていただきました「第34回日本エイズ学会 学術集会・総会」は、12月25日を持ちまして閉会いたしました。Web開催にも関わらず、約1,300名のご参加をいただき、開催期間中の視聴ログ数は約45,000回でございました。多数のご視聴をいただきました参加者の皆さまに、厚く御礼申し上げます。

今大会は、一般演題203(口頭:111、ポスター:82、アンコール:10)に加え、プレナリーレクチャー2題、特別講演3題、エイズ学会シンポジウム、日本性感染症学会との合同シンポジウム、シンポジウム・ワークショップ30題、認定講習会2題、教育講演28題、メモリアルサービス、共催シンポジウム7題、共催セミナー12題など、現地開催では実施が難しいと思われる数の企画を実施することが出来ました。それぞれの発表については、有益な意見交換が行われました。ひとえに、ご参加いただいた皆さまのおかげと、深く感謝いたします。

開催方法の変更にも関わらず、実行委員会・企画運営委員会・プログラム委員会の先生方、事務局をご担当いただきました株式会社メディセオ学会支援部のご努力によりまして、無事大会を終えることができました。大会の運営に力をつくしていただきましたこと、御礼申し上げます。

開催期間中、いくつかの不具合などが発生いたしました。ご迷惑をおかけいたしましたこと、関係の皆さまに、改めてお詫びいたします。今回のWeb開催で、多くの学びがございました。この学びを、今後に活かして参りたいと存じます。

皆さまと現地でお会いできなかったことが、最も心残りではございますが、次回の「第35回日本エイズ学会 学術集会・総会」は、2021年11月21日から23日、国立感染症研究所エイズ研究センター長の俣野哲朗先生が会長をお務めになり、グランドプリンスホテル高輪での開催を予定しておられます。来年、皆さまにお目にかかれることを祈念し、閉会のご挨拶とさせていただきます。

第34回日本エイズ学会 学術集会・総会 会長 桒原 健

第34回日本エイズ学会学術集会・総会 開催方法の変更について

平素より皆様方には大変お世話になり有難うございます。

2020年11月27日〜29日に開催予定の第34回日本エイズ学会学術集会・総会の開催に関して、お知らせをさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に対し、第34回日本エイズ学会学術集会・総会の開催について検討を重ねて参りました。感染者数は2020年6月現在減少しているものの、今後の第二波等を懸念する声もございます。厚生労働省からは新しい生活様式が提案され、会議等の開催方法についても、withコロナ時代を見据えた考え方が必要であると思われます。多くの人が集まる学会や研究会等の多くは、Webを介した開催形式にシフトしてきています。最新のHIV/AIDSに関する討議や情報発信の場を失うこと、また、この時代だからこそ、学会活動を中止・先送りすることは、避けなければならないと思います。これらの状況を鑑み、本年11月に幕張メッセで開催を予定しておりました第34回日本エイズ学会学術集会・総会は、Web開催の形に変更させていただくことといたしました。開催方法や会期等の詳細につきましては、後日、ホームページでご案内させていただきます。

これまでご協力いただきました皆様には、通常通りの開催が叶わず、ご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。Web開催は、日本エイズ学会にとりまして初めての試みではありますが、ご参加いただきます皆様にとって、有益な学術集会・総会となるよう、全力で取り組む所存です。
本学会が皆さまの意見交換の場となり、さらにHIV/AIDSの未来を築く場となりますよう願っております。多くの皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております。

2020年7月3日
第34回日本エイズ学会学術集会・総会
会長 桒原 健

新着情報・お知らせ

学術事務局

一般社団法人日本病院薬剤師会内
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目12番15号
日本薬学会 長井記念館8階

一般社団法人日本エイズ学会

株式会社微生物科学機構内
〒112-0002 東京都文京区小石川4-13-18

運営事務局

株式会社メディセオ 学会支援部
〒104-8464 東京都中央区八重洲2-7-15
TEL:03-3517-5519 FAX:03-3517-5186
E-mail:aids34@aidsjapan2020.org